アーカイブ

水道用水企業団の議長に就任

11月1日(金)に、「上伊那広域水道用水企業団」の議会が開催され、議長に選任されました。

昭和40年代後半に、上伊那地域の急速な産業の発展と下水道の普及による水需要の増加に対応するため、天竜川支流の沢川(箕輪町)にダムを建設し、このダムを水源として水道水を供給する計画が検討されました。

昭和55年4月1日には、長野県と伊那市・駒ケ根市・箕輪町・南箕輪村・宮田村の5市町村により企業団(公営企業)が設立されました。

箕輪ダムを含めた水道水供給施設の建設は昭和56年度から始まり、平成4年9月に完成しました。

13年の歳月を要した施設の建設費は、ダム建設費87億円を含め総額251億円となっています。

平成4年10月から水の供給が開始され、1日の最大供給量は46,500㎥です。

議会の議員は、長野県(議員・環境部長)と各市町村(市町村長・議長)から選出された13名の議員で構成されており、県議会から選出された議員が議長になることが慣例となっています。

当日の議会は、議長を選出した後、平成30年度決算など3つの議案を審議しました。

箕輪ダムは、上水道、洪水調整などを目的とする県営の多目的ダムで、「もみじ湖」とも呼ばれており、秋には1万本ものもみじの美しい紅葉を楽しむことができ、観光スポットとして毎年多くの観光客で賑わっています。

また、このダムでは現在県企業局により水力発電所が建設されており、令和3年2月の完成が予定されています。

今後は、議長として上伊那地域の水道用水の安定供給のために、努力していきます。


県政報告会を開催

 

このところ市内の各地域で、県政報告会を開催しています。

報告会では、定例県議会での私の一般質問の内容をはじめ最近の議員活動について報告し、地域の皆さんと意見交換を行っています。

長谷地区の報告会は10月28日(月)に実施しましたが、大勢の皆さんが参加してくださいました(写真)。

意見交換では、次のような意見や要望が出されました。

1 国道や県道に隣接する森林の木が伸びて、道路の上まで覆いかぶさり、通行に支障がある。また強風時には木が倒れて電線が切れるなどの被害が出る。県ではしっかり管理し、支障木は伐採して欲しい。

2 今回の台風19号による大増水で、三峰川の右岸(堤防未設置)に設置してあった蛇かごが流されてしまい、危険な状態になっている。早急に対応して欲しい。

3 自然災害による被害箇所の復旧を早期に進めて欲しいが、採択基準が厳しいため、被災した箇所に限定して復旧工事を行っている。基準を緩くして被災箇所より少しでも大きな規模で工事を行えば、防災対策につながるので、配慮して欲しい。

4 非持地区の山裾にある水路が整備されていないが、末流には民家や公共施設などがあり豪雨時には災害の発生が懸念されるため、早急な対応を要望する(この件については長年の懸案事項ですが、以前事業用地の確保ができなかったことから、建設事務所では対応に苦慮していました。しかし現在は用地確保の見通しもついており、今後の予算確保が課題です。)。

 

このように様々な地元要望などがありますので、今後の議員活動を通じて少しでも課題を解決したいと思います。


権兵衛トンネルが通行止め

 

 

10月24日(木)に、国道361号・権兵衛トンネル入口付近の崩落個所の現地調査を行いました。

国道361号「伊那木曽連絡道路」(権兵衛峠道路・姥神峠道路など)は、伊那と木曽を結ぶ地域高規格道路で、2006年2月に開通しました。

この道路を開設するために、権兵衛トンネルと姥神トンネルを開削しましたが、軟弱地盤で出水が多かったため、工事は困難を極めました。

道路の開通により、救急医療・通勤・観光・買い物など様々な面で大きな効果があり、今やなくてはならない道路になっています。

過日、権兵衛トンネル入口付近(伊那市側)の道路が崩落して通行できなくなり、現在は通行止めとなっています(写真)。

20日にトンネル手前の橋の橋台部分周辺の崩落が発見され、直ちに通行止めになっていましたが、その後崩落個所が拡大して橋台からトンネルの間の道路の路盤が流失したために、幅10m、延長6mにわたり道路が落下しました(写真)。

現在は、崩落部分から地下水が出ており、このままだと崩落個所が拡大するため、まずは地下水の処理をする必要があります。その上で、現況調査や地質調査や復旧工法などを検討し、設計のうえ復旧工事を行うことになります。

トンネル手前の橋(100m)は沢から50mの位置にあり、大規模な土砂崩落のため、工事の施工は困難を伴います。

全面復旧には相当の期間を要すると思いますが、地元県議として建設事務所や県建設部としっかり情報交換や協議を行い、早期開通を目指していきます。