アーカイブ

新型コロナと介護

新型コロナの感染拡大は、様々な分野に影を落としています。

私の母は、5年前から老人介護施設でお世話になっています。それまでは、デイサービスやショートステイを利用していました。本当に親切に介護をしていただき、ありがたく思っています。

施設で暮らしていると、四季の変化や世の中の様子などに疎くなります。新型コロナのことも、実感できないかも知れません。5月は新緑の美しい季節ですが、自然を満喫することもできません。

先日家から出て富県方面の山すそをウォーキングしましたが、花桃が美しく咲き誇る場所を見つけました(写真)。母に、見せてあげたいと思いました。

母の入所施設では、コロナ対策には大変な神経を使っています。施設内集団感染を防ぐために、あらゆる対策を取っています。当然、面会は禁止です。

過日、厚労省から高齢者施設のデイサービスとショートステイに関する調査結果が公表されました。それによるとコロナの感染拡大に伴い、全国では実に858事業所(長野県では7事業所)が休業をしています。休業の主な理由は感染防止で、多くの場合は自主的な判断によるものです。

コロナの特措法は、緊急事態宣言の発令地域では、蔓延防止のためにデイサービスとショートステイを行う事業に対しては、知事が休業を要請できると規定しています。

休業により、本人の体調が悪化したり、家族の不安や負担が増加するなど、大きな影響があります。

このため県では、休業に伴いデイサービス等の代替サービスを実施する事業者に対して、助成する制度(補助率10分の10)を作りました。

施設の職員の皆さんは、感染の恐怖に耐えながらも日夜本当に頑張っています。慢性的に職員数が十分ではない中で、コロナ対策で職員の負担は更に大きくなっています。

高齢者施設の抱える最大の課題は人材確保です。人材確保が進まない理由に、他の仕事に比べて給与水準が低いこともあります。

介護は、直接人に触れサービスを提供する崇高な仕事です。とてもやりがいのある仕事ですが、まだまだ社会の理解が十分ではありません。

国には人材確保のための施設への様々な支援策を充実するとともに、職員の待遇改善を進めて欲しいと思います。


矢車菊と麦畑

先日富県方面をウォーキングしていましたら、麦畑の土手にきれいな矢車菊(ヤグルマギク)が咲いていました。

麦の緑と花の青紫のコントラストがみごとで、思わず足を止めて見入ってしまいました。

麦畑は田園地帯にあり、遠く東には南アルプスの前山が連なり、初夏の美しい風景を形成していました。

矢車菊は帰化植物で、麦畑に多く見られる雑草です。観賞用はこれを園芸用に改良したものです。

麦畑に見られますが、実は麦畑に侵入すると麦の収量が大幅に減収することから、恐れられているとのことです。

ここの花は自生のものか園芸用のものを植えたものかは私には分かりませんが、花の美しさは見事です。

花言葉は繊細、優美などで、花の姿をよく表していると思います。

毎日コロナの話題でうんざりしていますが、田園地帯の花の優美な姿を見ると、自然の偉大さを感じることができ、大いに癒されます。


新型コロナと公文書管理

5月14日(木)の中日新聞に、「コロナの教訓生かされない恐れ」「専門家会議の議事録作らず」という内容の記事が掲載されていました。

新型コロナへの対応を専門的見地から政府に助言する「専門家会議」が設けられており、重要な事項が議論されていますが、記事によるとその会議の議事録に問題があるというものです。

国の公文書の管理については「公文書管理法」に規定されており、具体的な取扱基準は「行政文書の管理に関するガイドライン」(平成23年4月内閣総理大臣決定)に規定されています。

この「ガイドライン」の中に、「歴史的緊急事態」というものが規定されています。この緊急事態とは、「国民の生命、身体、財産に大規模かつ重大な被害が生じ、または生じる恐れがある緊急事態」を指します。

「緊急事態」に該当するかどうかは、閣議で決定することになっていますが、今回のコロナについては今年3月の閣議で「該当する」と決定しています。

こうした事態に該当するときは、政府が開催した関係会議等については必ず議事録を作成しなければなりません。コロナの「専門家会議」は、ここでいう関係会議に該当します。

かつて東日本大震災が発生した時、当時の民主党政権は会議等の議事録を作成していなかったことから、これを反省して2012年に「歴史的緊急事態」に該当する場合は、議事録を残すことにしたものです。

議事録に残す目的は、会議等において重要な政策決定が行われた場合に、後からこの判断が正しかったのか検証するためです。

今回記事が問題にしているのは、政府が作成している専門家会議の議事録は、会議における発言者と発言内容が記録されていないという点です。

「ガイドライン」によると、記録すべき内容に「発言者」・「発言内容」を記載することになっていますので、この専門家会議の議事録はガイドラインに則っておらず、不適切ということになります。

「緊急事態」に関する議事録が不適切であれば、今回のコロナに関する重要な議論や意思決定が明確にならず、結果として「コロナの教訓」が将来生かされない恐れがあるということになります。

公文書の管理に関しては、政府は「森友学園」や「桜を見る会」などで文書の改ざんや廃棄などの不適切な対応をし、国会でも大きな議論となり、国民の行政に対する信頼を失墜しています。

ずさんな公文書管理が問題になりながら反省が生かされずに、またもや不適切な文書管理をしているわけで、ますます国民の信頼が低下してしまいます。