終戦記念日に思う

8月15日(月)は終戦記念日です。戦没者を追悼し、平和を祈念する日とし、政府主催で全国戦没者追悼式を開催します。

この日は、日本においては太平洋戦争が集結した日とされています。

終戦の日については、他国は扱いが異なり、9月2日(アメリカ)や9月3日(中国、ロシア)などがあります。

1945年9月2日には、東京湾に入った戦艦ミズーリ号上で終戦降伏文書の調印が行われ、戦争は終結しました。そうした経過から9月2日又は3日とする国があります。

同年8月15日には天皇による玉音放送(詔書の読み上げ)があり、前日に日本がポツダム宣言を受諾し、日本が降伏したことが公表されました。

8月15日には、日本では戦争が実質的に終結したと思っている人が多いと思いますが、実際には終結はせずに継続していました。

8月9日にはソ連軍の満州への侵攻があり、その後150万人とも言われる満州国在留邦人(居留民・開拓民・関東軍兵士)の逃避行が始まります。うち18万人が現地で亡くなったとも言われています。

ソ連軍は降伏宣言を日本の実質的な降伏とは見做さず、攻撃は8月29日まで続きました。

また、57万人とも言われる関東軍兵士等はシベリアに抑留され、長期間の強制労働の後に、帰国できた人が47万人で、10万人がシベリアで亡くなったとも言われています。

満州への開拓団は27万人とも言われますが、うち8万人が帰国できずに亡くなっています。

開拓団の人々は、逃避行の中でソ連兵による殺人・強姦・略奪・暴行などを受け、集団自決した開拓団も多く出ています。半強制的に開拓団・義勇軍として満州に送られ、命からがら帰国した人々が多くいます。

国際的な危機が高まる中で、外交力をつけるために軍備費を増やせという人がいますが、絶対に戦争をする国になってはいけません。

先の大戦で失った尊い命を無駄にしてはいけないし、大戦での教訓を活かさなければなりません。

日本は、唯一の被爆国として、非核平和を実現するために世界に発信する役割は大きいと思います。


県政だよりを発行

県政だより(令和4年夏号)を8月7日(日)に発行しました。市内全戸に新聞折込しました。

県政だより:2022年夏号:表

県政だより:2022年夏号:裏

この春号は、今年の2月議会と6月議会の一般質問の内容をお知らせするものです。

県議会の定例会は年4回開催されますが、私は全ての定例会で知事等に対して一般質問を行っています。

一般質問は、県民や地域の皆様の県政に対する要望などを実現するために行うものです。一般質問では提言や意見を述べ、知事等からの答弁を受ける中で、施策や事業の改善、あるいは新たな事業の創設や制度の制定につなげます。

一般質問は、議員の仕事の中では最も重要なもので、質問により県政が改善されることを常に目指しています。

また、「県政は県民から遠い」と言われていますが、一般質問の内容を知っていただくことで、県政が県民にとって身近なものであることを理解していただきたいと思います。

2月議会では、地域の関心が高い高校改革・高校再編と経済活動を活性化するための産業振興について質問し、6月議会ではコロナと医療について質問しました。

次の9月議会でも、県民や地域の関心が高い課題について質問や提案を行います。


県道整備期成同盟会が総会を開催

7月19日(火)に、伊那市・県道整備促進期成同盟会の総会が開催され、同会の顧問として出席しました。

この会は、市内にある20の県道(総延長111㎞)のうち重点的に整備が必要な5路線(西伊那線・芝平高遠線・沢渡高遠線・車屋大久保線・与地辰野線)の整備を促進するため、市長・議長・関係市議会議員・関係区長・地区道路整備促進組織の長で構成されています。

5路線は通学道路になっているものがあり、幅員が狭かったり歩道がなく危険であることなどにより、早期に整備を進めなければなりません。

このうち車屋大久保線は、伊那市東春近車屋地籍と駒ケ根市東伊那大久保地籍を結び、天竜川の左岸を走る主要幹線道路ですが、今後整備を進める国道153号伊駒アルプスロードと交差するため、計画的な整備が必要です。

沢渡高遠線は、国道153号西春近地籍と国道152号高遠町地籍を結び、三峰川左岸を走る主要幹線道路ですが、伊駒アルプスロードと交差するため、交差部分前後の道路整備の在り方が重要です。また、通学道路ですが現在道路幅員が狭く、歩道未設置個所もあって危険なため、計画的な整備が必要です。