「手をつなぐ育成会」総会に出席

4月20(土)に、伊那市福祉まちづくりセンターで「伊那市手をつなぐ育成会」の総会が開催され、地元県会議員として出席しました(写真は全国連合会のHPから、機関誌「手をつなぐ」の表紙)

会の目的は、「知的障がいのある人たちの人権を尊重して、地域の中で安心して暮らせる社会を作ること」と、「親亡きあとに、わが子を安心して地域に託せる社会の実現」です。

会では障がい者に対する差別をなくして、障がい者が地域で必要な支援を利用して、自分らしく生きていける仕組みを作る活動を進めています。

会員数は49名で、今回で56回目の総会を迎えました。

会では、グループホームと重度知的障がい者のための特別養護老人ホームの設置を大きな目標として掲げています。設置には多大な財源が必要ですので、国・県や市などの支援を受けなければなりません。

総会終了後に、会員の皆さんと意見交換を行いました。

その中で保護者から出された意見の主なものは、次のとおりです。

・ 保護者の高齢化が進み、将来が心配。

・ グループホームの絶対数が少ないため、希望しても中々入所できない。

・ 上伊那には高齢者を対象とした知的介護施設は1カ所しかなく、将来が心配。

・ 今年の4~5月のように通所施設が10連休になって受け入れてくれなくなると、子ども預かってくれる施設を見つけるのに大変苦労する。

保護者の皆さんは日常的に苦労や不安があって心身が休まる時がないと言い、将来の不安も抱えています。

私は、県会議員として会の皆さんの意見をお聞きする中で、支援制度の充実や施設整備などに努力したいと思います。


県議会議員選挙で再選

 

4月7日に、長野県議会議員選挙(伊那市区)の投票が行われ、次の通りの結果により再選されました。

当選 酒井 茂 11,691票(2回目)

当選 向山公人 10,497票(6回目)

橋本明典  5,822票

(有権者数 55,174 投票者数 28,303 投票率 51.3%)

ご支援いただいた皆様に、心から感謝申し上げます。

後援会役員や事務局の皆さんには、全てを犠牲にして、手弁当で選挙活動を行って頂きました。

投票者の41.3%もの票を獲得できたのは、大変ありがたいことです。

私は、「子や孫の世代の安心のために」、「地方創生の実現」、「若者が定住する社会の実現」、「女性が住みやすい社会の実現」などを公約として訴えてきました。

また、「県民福祉の向上と幸福の実現を基本とする」、「県民の応援団として活動する」、「豊かな行政経験を最大限活かす」ことなどを、政治姿勢としてアピールしました。

また、「組織に依存しない草の根の選挙運動」、「クリーンな選挙」を実行しました。

今後も、市民の皆様の期待に応えて、しっかりと仕事をしていきます。

 


議会議員選挙に向けて出陣式を開催

 

3月29日(金)に長野県議会議員の選挙が告示され、私は後援会事務所で出陣式に臨みました。4月7日(日)の投票日には、トップ当選ができるように全力で選挙戦を戦います。

式での私のあいさつ(一部)は、次のとおりです。

この4年間、議員本来の役割である「行政のチェックと政策提案」行うために、全力で走ってまいりました。

そしてこれからの4年間を考えた時、私は「子や孫の世代の安心のために」今何をなすべきかという視点を大切にします。

私は、「子や孫の世代の安心のために」、「4つの社会」の実現を目指します。

1「若者が定住する社会」

2「全ての世代の皆さんが安心して暮らせる社会」

3「女性が住みやすい社会」

4「県民から信頼される行政の実現」です。

私は、この「4つの社会」の実現を目指して、「8プラス1」の公約を掲げました。

詳細は、先に公開した「県議会議員選挙始まる」をご覧ください。

私の政治姿勢は、「県民福祉の向上と幸福の実現」を基本とし、県民目線を大切にしながら、県民の声を県政に反映することです。

そして、あくまでも「誠実」に活動していきます。

加えて、44年の長い行政経験を、最大限活かします