オリ・パラのポスターを展示

後援会事務所に、昨年のオリンピック・パラリンピックのポスター20枚などを展示しています。

これは、後援会支部長の黒河内さんが昨年パラリンピックのボランティア活動をする中で手に入れたもので、ボランティア活動に伴うウエアー・シューズや関係グッズなども展示してあります。

普段は目にすることができない大変珍しいものであり、多くの皆さんに見ていただきたいと思います。


1月臨時議会を開会

1月14日(金)に臨時議会が開催され、知事提出の補正予算案を可決しました。

可決されたのは一般会計補正予算案で、コロナ対策や災害に強い県づくりなど886億円という近年にない大型補正です。

知事は議案提案説明の中で、「今回の補正予算は昨年暮れに成立した国の補正予算を最大限活用し、コロナから県民の命と暮しを守り、産業を支えるための施策や、災害に強い県づくりのための事業を推進するとともに、令和4年度当初予算との一体的な編成により、県政課題に切れ目なく取り組んでいくために編成した。」と述べました。

また、「補正予算の財源として県債259億円を見込んであるが、国土強靭化のための5か年加速化対策などを推進するため、当面建設事業に充てるための通常債は増加するものの、5か年加速化対策対応分を除いた通常債の残高は、来年度以降は減少していく見込み」とし、引き続き健全化に配慮した財政運営を行うとの説明がありました。

私が委員長を務める総務企画警察委員会に付託された補正予算案の主な内容は次のとおりです。

〇 バス・タクシー運行継続支援事業 5億円

〇 地域鉄道運行確保維持支援事業 2億円

〇 通学路緊急交通安全対策事業(横断歩道補修等)(警察本部) 2千万円

〇 県有施設太陽光発電設備導入事業(県庁) 9千万円

委員会審査の結果、予算案は原案のとおり可決すべきものと決定し、この旨を本会議で委員長報告しました(写真)。


出初式に出席

1月9日(日)に伊那市の出初式が開催され、地元県会議員として出席しました。

 出初式は、消防団赤十字奉仕団少年消防クラブの皆さんや関係者が出席して行われました。

式典の中私は「市民の安全・安心のためにご尽力いただき感謝します。コロナの感染が拡大していますが、まずは自らの身を守るために感染防止に努めていただき、災害発生時など一朝有事の際には、迅速な行動をとっていただくようお願いします。今年は災害のない穏やかな年であることを祈ります。」旨の祝辞を述べました(写真は祝辞の前の敬礼)。

通常であれば式典の後団員や消防車両による市中行進がありますが、今年はコロナ感染防止のために中止になりました

、消防団経験者として消防団等の活動を応援していきます