西天竜発電所を見学

11月14日(日)に、伊那市小沢にある長野県企業局の水力発電所である西天竜発電所を見学しました。

工事は、企業局の南信発電管理事務所(伊那市狐島)が発注しました。

この度大規模改修工事がぼぼ終了したことから、当日は地域住民に向けて現地見学会が開催されました。

この発電所は、昭和36年に建設されましたが老朽化したため、全面的な改修工事が実施されています。

工事は平成30年に着工し、全ての工事は令和5年に完了します。運転の開始は、令和4年を予定しています。

発電用の水は、上伊那郡西天竜土地改良区が所有する西天竜幹線水路(岡谷市で天竜川から取水し、上伊那の天竜川右岸の台地上の1,000haの水田をかんがいする全長25㎞の農業用水路)の流末水を活用しています。

改修前は地上式でしたが改修後は地下式にし、施設の周囲は土で埋めて公園化します(当日は写真にあるように埋める前の状態)。

公園内には多目的ホールを設置し、見学などにも使用できます。

また、改修前は水車発電機は1機でしたが、改修後は2機にするとともに、効率的な設備にして発電量を大幅に向上します(写真)。

県では現在ゼロカーボンに向けて、県下各地で水力発電所を建設していますが、水力発電所は発電効率が良く、施設が長持ちすることなど大変優れた発電施設です。


議会決算委員会の調査を実施(2)

11月11日(木)・12日(金)の両日、議会決算特別委員会(12名)の現地調査があり、委員として参加しました。

今回は委員会を2つの班に分けて、長野・大北地域の県の機関を調査しました。私が所属した班の調査結果を、2回に分けて報告します。

12日は、大町保健福祉事務所、大町警察署、姫川砂防事務所、安曇養護学校を大町合同庁舎で、工業技術総合センターを長野市の現地で実施しました。

私が質問した事項や指摘した主な事項をあげてみます。

1 大町保健福祉事務所

(1) コロナ対策

  Q コロナ対策について決算調書に何の記述もないが、重要な施策であることから、発生状況、保健所の対応、課題などについて明確に記述すべきではないか?

 A 議員の指摘のとおりであるので、来年度作成の調書には記述する。

(2) 不妊治療助成事業

  Q この事業は決算調書に何の記述もないが、県をあげて取り組んでいる重要事業であり、事業の内容、成果、課題等について明確に記述すべきではないか?

 A 議員の指摘のとおりであるので、来年度作成の調書には記述する。

2 安曇養護学校(写真)

 Q 校舎・寄宿舎の施設の老朽化が進んでおり、要改善箇所もあると思うが、その状況はどうか?

A 生徒の増加により教室が不足しており、プレハブを建てたり、プレイルームを教室に転用したりして対応している。学校としては、抜本的な解決を県教委に要望している。要改善箇所については、順次改修を進めている。

 再Q 県教委が策定した特別支援学校の整備計画があるので、この計画に基づき計画的に整備を進められたい。

 


議会決算委員会の調査を実施(1)

 

11月11日(木)・12日(金)の両日、議会決算特別委員会(12名)の現地調査があり、委員として参加しました。

決算委員会は、令和2年度に実施された事務・事業について、本庁と現地機関の調査を実施して決算の審査を行います。合計14日間をかけて調査や審査を行います。

決算委員会は、県の事務・事業が予算や法令に基づいて適正に行われているか、効率的に行われているかなどを審査し、その結果を次年度以降の予算や事業に反映していくために設けられています。

この委員会の審査結果が、議会として決算を認定するかどうかの判断の基本となります。

今回は委員会を2つの班に分けて、長野・大北地域の県の機関を調査しました。私が所属した班の調査結果を、2回に分けて報告します。

11日は、科学捜査研究所(写真)、長野地域振興局、北信労政事務所、消防学校、総合県税事務所などの調査で、県庁で実施しました。

私が質問した事項や指摘した主な事項をあげてみます。

1 長野地域振興局

◎ 信州の森林づくり事業(林務課)

  Q1 県産のカラマツ材などが合板製造に活用されているが、県内に合板工場が無いため県外に搬出されており、県内林業の振興に役立っていない。県内に工場を設置すべきではないか?

 A 合板製造工場の県内への設置の必要性については、検討していない。

  再Q 検討していないことは不適当。今後県庁林務部とも連携して、しっかり検討すべきである。

2 女性相談センター

 Q 女性相談員は、県福祉事務所に10名と14市の福祉事務所に20名が置かれているが、5市(岡谷市、諏訪市、伊那市、須坂市、飯山市)には置かれていない。5市にも置くべきではないか?

 A 長野県DV計画(第5次長野県配偶者からの暴力の防止及び被害者のための支援基本計画。令和3年6月策定)では、令和7年度時点の目標として全ての市で置くことになっている。未設置の市には県福祉事務所から配置を要請している。

再Q 女性相談員の役割は重要であり、県としてしっかり要請し、配置を実現すべきである。