リーダーと裸の王様

アンデルセン童話の「裸の王様」は、誰でも知っています。

今その王様とも言われているのが、日産自動車の前会長カルロス・ゴーン氏です。

なぜゴーン氏は、王様になってしまったのでしょうか。

倒産の危機に直面していた日産の立て直しを任されたのが、ゴーン氏でした。

専制型(独裁型)のリーダーとして定評のあるゴーン氏は、経営の立て直し役として、当時は最適任者でした。

専制型のリーダーの特徴は、「自分は絶対に正しい」「部下は自分の言ったとおりに動くべきだ」と考えています。

自分の思い通りに進めているうちに、回りにはイエスマンしかいなくなります。苦言を呈することができる側近がいればいいのですが、多くは排除されてしまうのです。そして、ついに裸の王様になってしまいます。

世界的に著名なアメリカの経営学者であるドラッカー氏は、著書「経営者の条件」(ダイヤモンド社)の中で、こんなことを指摘しています。

経営者に求められることとして、「行わなければならない意思決定は、満場一致で行えるようなものではない。相反する意見の衝突、異なる視点の対話、異なる判断の間の選択があって、初めて行いうる。従って、意思決定において最も重要なことは、意見の不一致が存在しない時には、意思決定を行うべきではないということである。」

つまり、意思決定の場で提案された事項について、異論や苦言があって、初めて間違いのない決定が可能となるのです。ドラッカー氏は、リーダーとしてのあるべき姿を、見事に表現しています。

専制型のリーダーでなくても、リーダーは常に裸の王様になる危険性を抱えています。

裸の王様にならないためには、リーダーは反対意見を言う側近や部下を大切にすることです。また、リーダーは人として「正しい道」を歩むことが大切です。

日産では、これまで優秀な側近がゴーン氏により排除されてきたのではないでしょうか。

そして、後任の側近は見て見ぬふりをして来たのではないでしょうか。

本来であれば、側近や部下は勇気を持って、会社を変えて行く行動に出なければならなかったわけですが、ゴーン氏という余りに大きな力には、逆らえなかったのでしょう。

社員の主体性を重んじ、社員を大切にし、社員の幸福実現を最高の目標に掲げ、組織が一丸となって「いい会社を作る」(社是)ために、頑張っている会社があります。

私の地元伊那市にある伊那食品工業株式会社です。(写真は『健康パビリオン』 伊那食品HPより)

伊那食品工業(株)の経営方針には、学ぶべき点が多いと思います。

この会社の経営方針(年輪経営)は全国的に注目を集めており、今や世界の「トヨタ」のリーダーが参考にするまでになっています。


明けましておめでとうございます

今年もよろしくお願い申し上げます。

日頃は「酒井茂オフィシャルサイト」をご覧いただき、ありがとうございます。

今年も、私の活動状況をタイムリーにお知らせします。

先日は、オフィシャルサイト(ブログ)に「県会議員の仕事とは」の項目を加えました。案外知られていない県会議員の仕事について、分かりやすく解説しました。

今後も、県会議員としての活動、特に議会定例会(年4回)での一般質問や会期中の常任委員会での質問や提案は、詳しく報告します。

ブログ以外では、県政だより(議会定例会の発言内容など)の発行や県政報告会などを通じてお知らせします。

県政報告会では出席者との意見交換などを行い、要望や提案、意見などを県政に反映していきます。

これまで行って来た一般質問や常任委員会での質問や提案は、県の施策や事業・予算や各種計画などにいくつか反映されています。

また、県政に対するチェック機能も議会の重要な役割です。

議会は単なる県政の追認機関であってはならないと考え、是々非々の姿勢で臨みます。

県政にとって最も重要な課題は、県民福祉の向上と県民の幸せの実現です。

これからも、県民の視点を大切にしながら活動していきますので、ご指導をよろしくお願い申し上げます。

 


県会議員と高校生の意見交換会

12月18日(火)に、飯山高校で県会議員と同校生徒の意見交換会が開催され、議会広報委員会副委員長として参加しました。

この会は、若い世代に政治や議会を身近に感じてもらおうと、県議会の広報広聴活動の一環として議員が高校に訪問して開催したものです。

飯山高校は3年前に3校が統合してできた高校で、普通科・探求科・スポーツ学科の3科があり、「志を高く持つ」「よく観る」「進歩する」「探求する」を目標にしています。

高校から生徒30名、議会からは広報委員と地元の議員9名が参加し、4つのグループに分かれて意見交換が行われました。

意見交換は、「北信濃の観光」「高校再編」「スポーツ施設」「外国人労働者の受け入れ」「過疎化にブレーキをかける方策」の5つのテーマで行われましたが、どのグループも時間が足りなくなるほど多くの意見が出されました。

私が参加したグループでは、「スポーツ施設」と「過疎化にブレーキをかける方策」について意見交換をしました。

「スポーツ施設」については、「野球部が優先されている」「夜間照明がない」「練習場所が狭い」「各部が場所を譲り合って練習すべき」などの意見が出されましたが、再編により高校を統合する場合には、新たな学校や地元自治体のスポーツ施設の利用方法などについて、生徒の意見を反映することも必要と感じました。

「過疎化にブレーキをかける方策」については、若い世代が安心して暮らせる地域にするために、小児・救急などの医療の確保や子育て環境の整備が重要との指摘があり、県議会としてもしっかり取り組まなければならないと思いました。

高校生は地域の将来をよく考えており、私はこの意見交換会で多くのことを学ぶことができました。