成人式を開催

伊那市では、8月14日から15日にかけて各地区で成人式が開催されました。

東春近地区では15日(水)の終戦記念日に開催され、地元県会議員として出席しました。

今年の新成人は75名で、うち53名が出席しました。

式では、まず先の大戦で亡くなられた方々のご冥福を祈って、黙祷を捧げました。

続いて「伊那市の歌」を斉唱し、「市民憲章」を唱和しました。

私は祝辞で、「私は二十歳を大学生として迎えたが、当時は大学紛争が激しく、2年間は学生自治会によるストライキが行われ、大学が封鎖されて授業が全く行われなかった。4年間のうち2年間はアルバイトと麻雀に明け暮れ、勉強も読書も何もせずに過ごしてしまった。ただ無駄に2年間が過ぎてしまい、今では大変後悔している。新成人の皆さんは考え方が柔軟でありエネルギーがあるので、今しかできないことや今為すべきことにチャレンジして欲しい。このことが、これからの人生に必ず生きてくる。」と述べました(写真)。

また、新成人一人ひとりからショートスピーチがありました。

それぞれ夢を持ち、チャレンジしようとする姿勢が感じられました。

助産師・看護師・保育士や教師などの資格取得を目指して勉強している人が、多く見受けられました。

既に就職している人もいましたし、子どもを2人も育てているという、たくましい女性もいました。将来は起業を目指すという頼もしい女性もいました。

今は都会にいるけれど、将来は伊那市で暮らそうという人も多くありました。

それぞれのスピーチに、私は爽やかな感動を覚えました。

新成人の皆さんはしっかりした考えを持っており、将来を任せられると確信しました。

新成人の皆さんが今後地域に定着するためにも、働く場の確保が重要です。

また、安心して妊娠・出産・子育てができる環境づくりも不可欠です。

医療や福祉の充実も大切です。

議員として、こうした課題にしっかり取り組みたいと考えます。

成人の皆さんのこれからの人生が、幸多からんことをお祈りします。


市町村合併を考える

諏訪湖周の岡谷市(5万1千人)、諏訪市(5万1千人)、下諏訪町(2万1千人)の合併協議会設置に関する議案が、20日に開催される各市・町の臨時議会に提出されます。そして、即日採決される見通しとのことです。

これは、「合併特例法」の規定による「住民発議」の手続きにより、各市・町長が議案を議会に提出することになったものです。

議案には各市・町長の意見書が付けられますが、その内容が公表されました。

それによりますと、岡谷市長・下諏訪町長は合併協議会設置に反対の意思を明確にし、諏訪市長は設置には慎重な姿勢を示しています。

各市・町長の意見書は、あくまでも「諏訪広域連合」構成6市町村の合併を目指すことを念頭に置いてのものと考えられます(写真は「諏訪広域連合」のHP(諏訪湖)より)。

各議会の議員の考えも一致していない中で、この意見書の内容が議決にどう影響するのかが注目されています。

合併までには、合併協議会設置の議決(全市・町)→合併協議会設置→合併協議→合併の議決(全市・町)→県知事へ合併の申請→県議会の議決→県知事の決定→総務大臣告示→合併と、いくつものハードルがあります。

私は、2003年に上伊那北部6市町村の任意合併協議会(法律に基づく組織ではなく、事前協議のためのもの)の事務局長に選任されました。

そして、各市町村で法定合併協議会に進むかどうかの議論が行われ、辰野町・箕輪町は自立を目指して任意協議会から離脱し、その後南箕輪村が離脱し、合併協議は休止状態になりました。

その後、伊那市・高遠町・長谷村それぞれで合併の議論が進められ、法律に基づく合併協議会が設立され、合併協議が整い2006年3月に合併して「新伊那市」が誕生しました。

私は、2004年から市の助役(今の副市長)として3市町村の合併協議に参加しましたが、合併が成立した最も大きな要因は、各市町村長の合併に向けた強い意思があったからだと思います。

合併の時点で市町村長は自動的に職を失いますが、それぞれの市町村長が失職を覚悟で合併協議を進めたことが大きな力となりました。

市町村長のうち一人でも自らの職を失うことに抵抗があったとしたら、合併協議は頓挫していたことでしょう。

合併の目的は、各市町村の住民の幸福実現や福祉の向上です。

従って、合併が成功するかどうかは、合併前の旧市町村民が「合併して良かった」と実感できる行政運営やまちづくりが、できるかどうかにかかっています。

合併は目的ではなく、あくまでも手段です。合併前の旧市町村民が対等の立場に立ち、お互いに尊重し合い、譲り合い、心を合わせていくことが、合併の成否に影響します。合併は、結婚にたとえられます。相手の長所を尊重することが大切です。

私は合併と同時に、新伊那市の副市長に選任されましたが、いつもそうした考えを持って、市政運営に従事していました。

合併の成否を判断するには少々時間はかかりますが、私は新伊那市の合併は必ず成功し、将来市民から正しい選択をしたと評価される時が来るものと確信しています。

諏訪湖周3市町の議会には、将来を見据えて正しい判断をしていただきたいと思います。


「大清水川」治水砂防促進同盟会の総会

8月8日(水)に、南箕輪村で「大清水川」治水砂防促進同盟会の総会が開催され、同会の顧問として出席しました。

同会は、大清水川(伊那市と南箕輪村の境界を南下して流れ天竜川に合流する延長9㎞の1級河川)の治水・砂防を促進し、流域の災害防止を図るために設置され、伊那市長・南箕輪村長、両市・村の関係議員、両市・村の関係区で構成されています。

この川は、川幅が極端に狭い個所や護岸が未整備の箇所が多いため、豪雨時には水が溢れ出たり護岸が浸食される場合があり、災害には弱い川です。

この川の特徴は、下流になるほど川幅が狭く、両岸には家屋が多数存在することから、計画的に下流から整備を進めなければなりません。

この川は普段は水量が少ないのですが、上流域の山林の流域面積が大変広いため、豪雨時には通常では考えられない大量の水が一気に川に流れ込みます。そして、下流に被害を及ぼします。

過日の西日本豪雨や昨年の九州北部豪雨によるゲリラ的な豪雨災害をみても、河川整備がいかに重要であるか分かります。

また、上流部の森林整備や砂防施設の整備も合わせて行う必要があります。

私は地元県会議員として、地域の安全安心のために活動していきます。