県会議員の仕事とは

県会議員の存在は知られていても、県会議員が何をしているのか、意外と知られていないと思います。
県議会は県会議員によって構成され、知事の政策立案のサポートや、知事から提出される議案の審議(可/否決)を行います。

2つの機能

  • チェック機能
    • 知事だけで全てを決めて実行すると、どうしても法律や条例に違反したり、税金の使い方を不適切に行ったりする場合が出てきます。そこで、県議会が適正に県政が行われるように知事の仕事をチェックします。
  • 政策提案
    • 知事1人で県民の声を聞き、県政に反映することは現実的には困難です。そこで、地域から選ばれた県会議員が県民の多様な意見や要望を聞き、知事に政策提案を行います。

知事と県議会の役割の違い

  • 知事
    • 県の事務や事業を行います。県議会には、事務・事業を執行する権限はありません。
    • 予算案や条例案など、事務や事業を執行するための根拠となる議案を議会に提出します。
  • 議員
    • 知事から提出された議案を、審議して決定します。知事には決定権はありません。
    • 知事が行う事務や事業の実施について、その実施内容の妥当性を評価し指摘します。
    • 政策の提案を行います。
    • 国の制度や予算などについて、県議会の考え方を「意見書」として政府や国会に送り、充実や改善を求めます。