shigesaka のすべての投稿

山岳遭対協・元隊長西村和美氏が叙勲を受章

 

11月23日(金)に、伊那市内で「南アルプス北部地区山岳遭難防止対策協会」元隊長の西村和美さん(伊那市長谷)の叙勲受章祝賀会が開催され、地元県会議員として出席しました。

西村さんは55年の長きにわたり救助隊員として、うち23年間を隊長として務められましたが、その功績が高く評価され、今年秋の叙勲で「瑞宝単光章(警察協力功労)」を受章されました。

現在は、同協会の顧問兼名誉隊長の職にあり、後進の指導や遭難防止活動に取り組まれています。

これまで107件の救助活動に従事し、88名を救出したとのことで、救助された方々からは大変感謝されています。

救助活動に出かけるときには、必ず仏前に手を合わせて無事を祈ったとのことですが、死をも覚悟しての長年の活動には頭が下がります。

隊員の大切な命を守ることを、最優先してきたといいます。

まず自らの身の安全を確保したうえで、救助活動に従事することを隊員に徹底したそうです。

救助隊員が2次災害に遭わないように細心の注意を払って指揮を執り、これまで無事故で活動されたことも、大変立派なことだと思います。

随分危険な活動にも従事したとのことですが、活動を重ねると慣れてしまって、山を甘く見てしまうことが危険なことから、常に基本を大切にして来たといいます。

最近気楽に軽装備で登山する人が増え、これが遭難につながっているといい、「登山は自己責任で行うもの」というのが西村さんの基本的な考え方です。

そして、登山する場合には必ず保険に入り、万が一救助が必要な場合には民間に依頼すべきで、安易に警察や消防に救助を求めるべきではない、というのが持論です。

いつ救助活動の要請があってもいいように、在任中はどこにも遊びに出かけたことがなかったとのことで、非常に責任感の強い方です。

西村さんの奥さんは、西村さんが山から無事帰宅するまでは、安心できる時がなかったと思います。

これからは、奥さんとゆっくり旅行などに出かけ、しっかり楽しんで欲しいと思います。


「県政だより」を発行

県議会で行った一般質問の質疑の内容を掲載した「県政だより」(県政報告)を作成しました。

県会議員の仕事で最も重要なことは、県議会の本会議や常任委員会で十分な発言をして、県政をチェックしたり政策提案を行うことです。

私は3年半前に議員に就任して以来、全ての議会定例会(年4回開催)で本会議での一般質問や常任委員会での質問提案を行ってきました。

その内容については、その都度「県政だより」にまとめ、新聞折込や県政報告会で配布するなどして、市民の皆様にお知らせして来ました。

この度、6月定例会と9月定例会の内容を、「平成30年秋号(第10号)」としてまとめました(データをご覧ください)。

30,11,6県政だより:秋号:6月議会

30,11,6県政だより:秋号:9月議会

ご覧いただき、忌憚のないご意見や感想などをお寄せいただければ幸いです。


県会議員選挙に出馬を表明

11月9日(金)に酒井茂事務所で記者会見を行い、来年4月に行なわれる県会議員選挙に出馬することを表明しました。

当日後援会から出馬の要請をいただき、これを重く受け止め、出馬することを決意しました。

前回の選挙時には、「8つの公約」を掲げ、議員活動を進めてきました。そのどれもが大きな課題であり、簡単に成し遂げることはできませんでしたが、いくつかについては前進させることができました。

しかし1期4年という短い期間では、大きな成果をあげることできなかったため、引き続き議席をいただくことができれば、公約実現に向けてしっかり仕事をしていきたいと考えています。

前回出馬した時には、「40年の行政経験を生かして議員活動を行う」ことを約束しましたが、議員として3年半活動する中で、この行政経験は非常に大きいものであることを痛感しました。

今後も、市職員や理事者として更に県会議員としての長きにわたる行政経験を生かして、活動をしていきたいと考えます。

今地方公共団体の議会は、首長の提案に対する追認機関になっていることを指摘されています。

議会は行政に対する監視機能と政策提案を行うことが求められていますので、本来の議会機能を果たすことを大切にしながら、議員活動を行っていきたいと考えます。

今後重点的に取り組みたい課題は、次のとおりです。

① 「地方創生の実現」に向けた若年層に対する施策の実施

(働く場の創出、妊娠・出産・子育てへの支援、女性の尊重、キャリア教育)

② 産業の振興(商工業、農林業、観光)

③ 福祉・医療・介護の充実

④ 防災力の向上

⑤ リニア開通に向けた体制の整備

⑥ 透明性の高い県政運営

公約については基本的には前回のものを踏襲しますが、今後市民の皆さんの意見や要望をお聞きする中で決定し、発表していきます。