shigesaka のすべての投稿

河川治水砂防事業と県道整備の促進を県へ要望

9月13日(木)に、伊那市から県への要望活動があり、地元県会議員として同席しました。

河川治水砂防事業については、「市河川治水砂防促進期成同盟会」(会長伊那市長)から建設部長に要望書が手渡され、各河川(大沢川・小黒川・小沢川・棚沢川)の同盟会の代表者が要望をし、その後意見交換が行われました。

今回の要望は3項目です。

①治水事業費の増額と防災・減災対策の推進

②洪水に対して流下能力が不足している箇所の整備

③河川の維持管理の適正化と劣化した施設の更新・補修の推進

私は、「地元では河川内の河床整備や草木の除去などを積極的に実施しているが、手に負えない作業が多い。防災対策のためにも県は必要な予算を確保して、河川の適正な維持管理を行う必要がある。」と述べました。

最近のゲリラ的な豪雨災害を見ても、河川の整備と河川内の立木除去の重要性が明確であり、計画的に対策を取らなければなりません。

県道整備については、「市県道整備促進期成同盟会」(会長伊那市長)から建設部長に要望書が手渡され、各県道に関係する地域の代表者が要望をし、その後意見交換が行われました。

今回の要望箇所は4路線です。

①西伊那線(美篶・富県地籍)

②芝平高遠線(高遠町・長谷地籍)

③沢渡高遠線(富県地籍)

④車屋大久保線(東春近地籍)

私は、「特に、「沢渡高遠線」と「車屋大久保線」は現在計画中の国道153号「伊駒アルプスロード」に接続する道路であり、計画的な整備が必要。「芝平高遠線」は高遠町市街地から長谷地籍を経由して過疎地域である高遠町三義地籍に至る生命線であるため、計画的な整備が必要」と述べました。

現在市内では国道の整備が進められていますが、国道を結ぶ県道の整備が並行して行わなければ、投資効果を発揮することができません。

河川の整備や県道の整備については、地域住民からも強い要望がありますので、県会議員として今後もしっかり取り組んでいきます。


進藤参議院議員の国政報告会に出席

9月9日(日)に、伊那市で参議院議員進藤金日子氏(比例区)の国政報告会が開催され、地元県議会議員として出席しました。

進藤氏は、秋田県生まれで元農林水産官僚です。主に土地改良畑を歩み、農村振興局の中山間地域振興課長を最後に退職しました。

全国土地改良政治連盟の組織内候補として立候補し、2016年の参議院議員選挙で初当選を果たしました。

現在は、全国土地改良政治連盟顧問の職にあります。

進藤氏は、官僚には珍しく生家が農家であり、地方大学農学部の出身です。地方や農家・農業のことは良く理解しており、農業振興には人一倍情熱を傾けています。

私は伊那市の副市長時代には何度か進藤氏と面談し、意見交換や要望活動を行いましたので、親しくさせていただいています。

進藤氏は、土地改良事業を強い農業を目指す産業政策の核であるとして、前政権で削減された予算の復活を訴えています。

また後継者不足や農産物の価格低迷など農村の抱える課題解決に向けて、専門知識を活用して貢献していきたいと話しておられます。

土地改良事業関係の国の予算(農業農村整備事業)は、政権交代前に5800億円だったものが政権交代後の平成22年度は2100億円まで削減されました。

しかし、30年度は補正予算を含めて5800億円まで回復しています。

長野県では、政権交代に加えて田中県政により土地改良事業関係予算が削減されましたが、その後知事の交代により予算の回復が図られて来ました。

進藤氏には、農家の味方としてしっかり活動していただきたいと思います。

私はあいさつの中で「数十年前に建設した土地改良施設は老朽化して改修や延命化を図る時期に来ているため、関係予算の獲得が重要。また、ため池なども老朽化しており、地震による決壊が懸念されるなど心配な状況。農地の防災対策も急がなければならない。」と述べました。

私も土地改良区の組合員ですが、米などの農産物の価格低迷(米価は過去の2分の1の水準)により、土地改良区への賦課金など組合員の負担は大きいものがあります。

今後農産物価格が低迷する一方、農業機械のスマート化や高価格化が進むことになれば、農家の負担は更に増し、土地改良区への賦課金などを払えなくなる農家が出て来るかも知れません。

また、その結果土地改良区の経営の悪化も懸念されます。

農業は弱小産業であり、これに加えてTPPなどにより安い農産物が輸入されることになれば、更に農業経営は厳しさを増すことになります。

私は日本の農業を守るためにも、欧米諸国のように農業に対する財政的な支援をしっかりと行う必要があると考えます。


小学生の県庁見学で議会の役割を説明


9月13日(木)に、松本市立開智小学校の4年生が県庁見学に訪れ、議場も見学しました。

小学生の議場見学時の説明は、正副議長・議会広報委員・地元県会議員が分担をして行いますが、今回は広報委員として私が説明役を務めました。

私は、議会の役割などについて説明しました。

県議会の役割を小学生に説明することは、中々難しいものです。

そこで私は、アンデルセン童話の「裸の王様」を引き合いに出して説明しました。「裸の王様」は言い換えると独裁者です。

私は、次のような説明をしました。

「もし、県知事が「裸の王様」だったらどうでしょうか?県民にとって望ましくないことでも、知事は全て自分の考えで仕事をします。間違いがあっても、県民は文句を言えません。例えば、知事が開智小学校の先生の数が多いと考え、半分に減らしてしまったらどうでしょうか?皆さんの学習に影響が出ますね。」

「そうした間違いを防ぐために、議会があります。議会は知事のやろうとしていることが、県民にとって良いかどうかチェックします。良くない場合は、「ノー」と言います。また、より良い県にするために、知事に対して提案もします。」

「知事も議員も県民から選ばれます。議員は県内の各地から選ばれ、常に県民の希望や意見を聞いているので、県民のおおよその考えを言うことができます。知事は1人ですから、県民の考えを把握することは難しいことです。」

「知事は、県議会の賛成が得られた場合に、仕事を進めることができます。」

「知事がやろうとしていることが、良いかどうか議論する場が議場です。」

「県の仕事が県民にとって望ましいものにするために、県議会の役割は大切です。県や市町村の議会の役割は、全国共通です。」